即日お金を借りる|カードローンで確実に今すぐ借りるために必要な事

緊急事態で即日お金を借りる必要がでてくると焦ってしまうものです。

 

焦っても失敗してしまうだけなので、キャッシングで確実に今すぐお金を借りることができるように大切なことを簡潔にまとめました。ミスっても闇金などに手を出さないようにしてください。

 

即日融資の場合は金利が比較的高めなので、初めての場合には30日間の無利息期間があるカードローンを利用するようにしましょう。

 

また大手でCMなどでもよく聞く消費者金融が安心でおすすめです。今すぐ借りることにも対応しているので即日お金を借りたい場合にはベストな選択肢になります。

 

おそらく即日で急いでいるということは50万円以下の借入だと思います。その場合は収入証明書や保証人なども要らないところがほとんどなので、免許証など身分証明書を用意しておけば何とかなります。

 

とりあえずは即日でお金を貸してくれる安心のサービスを紹介します。

 

アコムの特徴

土日祝日でも審査に対応してくれます。最短30分で審査が完了し、融資までは最短1時間です。緊急で急いでいる場合には助かりますね。

楽天銀行に口座がある場合には24時間365日振込してもらえます。持っていない場合には、無人契約機でカードをもらい、コンビニなどのATMから引き出すことになります。

アコムを初めて利用する方は最大で30日間無利息になります。この間を利用して返済するお金を貯めるようにしておくとスムーズに返金できますね。

無職の方は借りれませんが、安定した収入がある方は主婦の方でも借りられる可能性があります。

まずは3秒で借入診断ができるので試してみるといいですよ。(診断結果は実際の審査結果と異なる場合があります。)

価格 3.0〜18.0%
評価 評価5
借入限度額 800万円まで
プロミスの特徴

土日祝でも審査に対応してくれて、審査完了までは最短30分です。借入までの最短は1時間。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短で10秒で振込してくれる瞬フリサービスも実施中(手数料無料です)。

急いでいる時に助かりますね。これらの口座を持っていない場合には、アコムと同様に無人契約機でカードをもらい、コンビニなどのATMで引き出すことになります。

プロミスも初めて利用する場合には、利用日の翌日を1日目として30日間金利がゼロになります。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)

バレにくいカードレスで契約することもできるので安心ですね(カードありか無しかは自分で選択できます)

プロミスも3秒診断をやっているので、事前に試してみるといいですよ(3秒診断の結果と、実際の審査結果は異なる場合があります)

価格 4.5%〜17.8%
評価 評価5
借入限度額 500万円まで
SMBCモビットの特徴

SMBCモビットで即日融資をしてもらうためには14:50までに振込手続きを完了する必要があります。そのためには、その時間に間に合うように審査を完了させておかなければいけません。(審査結果が不可だった場合にはもちろん借りることはできません。)

WEB完結申し込みを利用すれば、職場に電話での連絡もないので安心です。郵送物もありませんのでバレにくいですね。

ネット申し込みでは入力項目が少なめなので比較的早く審査依頼を出すことができます。

SMBCモビットの無人契約機は8:00-21:00(一部除く)の間が営業時間です。

特にバレにくいので、バレたくない人におすすめです。

価格 3.0〜18.0%
評価 評価4
借入限度額 800万円まで

 

個人事業主がお金を借りるにはどうしたらいいの?

キャッシングなどのサービスを利用する場合、個人事業主など、自営業の方は審査で不利になってしまう…かつてはそう言われていました。
ですが、今日の日本では終身雇用制度はほぼ崩壊してしまいました。その代わりに、自分のスキルをフルに活かすことのできるフリーランスで仕事をするという方も多くなっています。

 

では、現在でも個人事業主の方はお金を借りる事が難しいのでしょうか?

 

継続・安定した収入があれば個人事業主でもお金を借りられる

現在では個人事業主でも問題なくキャッシングなどのサービスを受けることができるようになっています。
もちろん、金融機関やサービスによっては正社員としての所属がなければ利用できないというケースもあります。ですが、一般的な消費者金融や銀行などのキャッシングの多くは個人事業主の方でも、利用できるようになっているのです。
もちろん、借入額がそれほど大きくなければ収入証明なども必要ありませんので、スムーズにお金を借りることができるでしょう。

 

ですが、事業性資金については一般のキャッシングなどで借りることはできません。カードローンの場合も同様です。
この場合、個人事業主の方を対象としたビジネスローンなども多くなっていますので、こちらをチェックしてみましょう。

 

今日では個人事業主だからといって特別に審査で不利になってしまうようなことはなくなっています。申し込み条件をしっかりと確認した上で、利用してみましょう。

 

クレカのキャッシング枠と普通のキャッシングって何が違うの?

クレジットカードは今や現代人の必須アイテムになったと言っても過言ではないでしょう。さまざまな場面で活躍してくれますので、誰もが1枚は持っているのではないでしょうか?
一般的に、クレジットカードはショッピングなどに使用するものですが、近年では「キャッシング枠」が設けられており、その枠内の額であればいつでも現金を借りることができるようになっているものも少なくありません。

 

では、このクレカのキャッシング枠と、一般的な金融機関のキャッシングにはどんな違いがあるのでしょうか?チェックしてみましょう。

 

基本的には同じように利用することができる

一般的なクレカのキャッシング枠は、使途も自由となっていますので、金融機関のキャッシングと同じように利用することができます。
ただ、クレジットカード会社によっては返済方法を選択できないケースがあります。具体的に言えば、返済方式はリボ払いのみに設定されているケースもあるのです。そのため、一般的なキャッシングよりも手数料などで最終的な返済額が高くなってしまうケースがあります。

 

もちろん、近年では自由に返済方式をチョイスすることのできるクレカも登場していますので、利用する際にはこの点をしっかりチェックしておくようにしましょう。

 

キャッシングの返済日や返済方法を変更することは可能?どうすればいい?

キャッシングなどのサービスを利用する上で、返済日が悩みとなってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
無理なく返済できる額であっても、給料日などの関係で返済日を変えることができたらいいのに…なんて考えたことはありませんか?

 

では、キャッシングの返済日を変更することはできるのでしょうか?

 

返済日の変更はできる?手続きは?

まず、結論から言ってしまうと、金融機関や利用するサービスによって返済日の変更ができるかどうかは異なっています。
金融機関によっては、いくつかの返済日の中から選択できるようになっています。指定日はなく、最初から自分で返済日を設定できるケースもあります。
こういった金融機関の場合、利用を開始していても申し込みをすることによって返済日を変更できるケースがあります。

 

ですが、その一方で返済日が固定されている金融機関などの場合は、基本的に変更することはできないと考えましょう。
もちろん、金融機関に相談することによって、融通を利かせてもらえるケースもありますが、そのためには再審査が必要となってしまうことがあります。

 

いずれの場合にしても、返済日変更の手続きは、ネットキャッシングの申し込みのように簡単にネットだけで完結できるというケースはあまりありません。郵送でのやりとりや、場合によっては店舗の窓口で手続きしなければならないこともあるでしょう。そのため、最初の段階で返済日をしっかり確認しておくようにしましょう。

 

キャッシングの利用者数は日本にこれだけいる?想定外!

かつては借金をすることに対してネガティブなイメージを抱いているという方も少なくありませんでした。
ですが、今日では法整備が進み、簡単に利用することのできるネットキャッシングなども普及したことによって、多くの方が当たり前に利用するようになっています。

 

では、実際にキャッシングはどのくらいの人に利用されているのでしょうか?

 

日本人の10分の1がキャッシングを利用している?

現在、キャッシングサービスを利用している、あるいはしたことがあるという方は日本全国に1200万人もいると言われています。つまり、全人口の約10分の1の人がキャッシングを利用しているという計算になります。

 

現時点でこれだけ多くの人に利用されているキャッシングですが、さらに増加傾向にありますので、今後さらに増えて行くことでしょう。
こうして考えてみると、キャッシングの利用は今や当たり前のことになっていると言えるでしょう。
つまり、借金をすることに対してネガティブなイメージを抱く必要はまったくないのです。

 

もうすこし、利用者の内訳などをチェックしてみると、やはり収入が少なく、生活などに困ってしまいがちな20代がもっとも多いという傾向は昔からそれほど変わっていません。ですが、30代、40代以上の利用者も増加していますので、年代に関係なくキャッシングは利用されている、と言えます。

 

この点から考えてみると、キャッシングは誰でも利用できるサービスである、という一面も見えてくるでしょう。

 

消費者金融の金利は上限と下限のどちらが使われる?条件などは?

消費者金融のキャッシングサービスを利用する際に、金利がかなり気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?借入額が少ない場合、一度にかかる利息はそれほど高いものではありません。なので、一時的にはあまり気にならないかもしれません。ですが、利用回数が多くなるといつの間にかかなりの利息を支払っていることになります。
また、借入額が大きい場合はそれだけ利息も高くなってしまいますので、金利をできるだけ抑えたいと考えている方がほとんどでしょう。

 

そこで、金利をチェックしてみると6?18%といった形でかなり金利に幅を持って表記されているケースがほとんどです。
では、消費者金融の場合、一般的には金利の上限と下限のどちらが適用されるのでしょう?また、できるだけ金利を低く抑えるにはどうすれば良いのでしょう?考えてみたいと思います。

 

消費者金融の金利は基本的に上限が適用される!?

基本的に、少額のキャッシングの場合は表記されている金利の上限が適用されるケースがほとんどです。特に、その消費者金融をはじめて利用するという場合は、金利は高くなってしまうのは避けるのは難しいでしょう。

 

ですが、借入額が大きくなればそれだけ金利は低くなる傾向にあります。さすがに下限金利が適用される可能性は低いようです。
その金融機関の利用回数が多く、信用が高いという方でない限りはなかなか金利の下限が適用されません。

 

そのため、基本的には消費者金融の場合、上限が適用されるケースが多いと考えておきましょう。

 

年金受給者がキャッシングでお金を借りるための条件とは?

年金受給者の方でも、急な出費などによって経済的に困ってしまい、その結果お金を借りたいという場面に遭遇することはあるでしょう。
ですが、一般的な大手消費者金融や銀行の場合、継続的な安定した収入があってもそれが年金である場合は申し込みすらできないというケースがほとんどです。

 

また、年齢制限が設けられているサービスも少なくありませんので、キャッシングなどでお金を借りることを諦めているという方も多いのではないでしょうか?

 

では、本当に年金受給者の方はお金を借りることができないのでしょうか?チェックしてみましょう。

 

中小の消費者金融の場合は年金受給者でも利用できるケースがある?

大手消費者金融はだめでも、中小の消費者金融の場合は年金受給者の方であってもキャッシングなどのサービスを利用できるケースもあります。
もちろん、条件として借り入れ可能額がかなり低くなってしまう傾向にありますが、急な出費に対応するため…といった目的であればそれでも十分でしょう。

 

ただ、決して審査は甘いとは言えません。やはり高齢の方は不利になってしまう傾向にありますし、年金の種類によっては利用できないケースもあります。ですが、可能性はゼロではありませんので検討してみる価値は十分にあるでしょう。

 

年金受給者の方で、お金を借りたいという方は年金担保融資などもあわせて、借りられる可能性の高いものを選ぶようにしましょう。
諦めてしまっては何もはじまりません。さまざまな方法を検討することが重要なのです。