母子父子寡婦福祉資金貸付金とは?母子家庭でお金を借りる方法を解説

お金を借りる手段は、消費者金融や銀行、信用金庫などのキャッシングやカードローンだけではありません。
さまざまな方法があります。なので、あなたにとってベストなものをチョイスする必要があります。
特に母子家庭などでお金に困っている方に限って利用することのできる融資があります。一般的なキャッシングなどよりも金利面などでかなり有利になりますのでチェックしてみる価値は十分にあるでしょう。

 

その融資制度が母子父子寡婦福祉貸付金というものです。これはどういった制度なのでしょうか?チェックしてみましょう。

 

母子父子寡婦福祉資金貸付金とはどんな制度?

この母子父子寡婦福祉資金貸付金という制度を簡単に説明すると、母子家庭などの方が利用することのできる融資制度となっています。
この制度を利用できる条件は母子家庭・父子家庭で20歳未満の児童を扶養している方や、その児童の方、またかつて母子家庭の母だった方となります。
また、返済能力などの審査も必要となりますし、場合によっては連帯保証人が必要となるケースもあります。
ただし、所得が大きい方の場合はこの制度による貸付を受けられないこともあります。

 

このように条件は少し厳しくなりますが、金利は1%程度とかなり低くなっていますので利用できれば消費者金融や銀行などのキャッシングサービスを利用するよりもずっとお得な制度となっています。
申し込みから貸付を受けられるまでに最長の場合1ヶ月以上の時間がかかってしまうというデメリットもありますがチェックしてみる価値はあるでしょう。