実は怖いリボ払い!その仕組みのメリットとデメリットを解説

クレジットカードやカードローンの返済方法は一見同じようなものに感じられるかもしれませんが、実は返済方式によってさまざまな違いがあります。
近年、多くなっているものの一つがリボ払いという返済方式です。

 

毎月定額の返済となりますので混乱してしまうこともありませんし、余裕を持った返済プランを立てることができますので、利用しているという方も多いでしょう。

 

ですが、そんなリボ払いにもやはりデメリットがあります。そこで、ここではリボ払いの仕組みについて詳しく考えてみましょう。

 

リボ払いのメリット・デメリットとは?

まず、リボ払いの最大のメリットはカードローンなどの利用額に関係なく、毎月同じだけの額の返済にできるという点でしょう。
返済計画にゆとりを持つこともできますので、これは大きなメリットと言えます。

 

ですが、デメリットからも目をそらすことはできません。リボ払いの最大のデメリットは、金利とは別に手数料が必要となってしまうという点でしょう。一般的に、年15%の手数料を支払わなければなりませんので、これは決して無視できる額ではありません。
最終的な返済額が大きくなってしまいますので、それだけ返済に時間がかかることにもつながります。

 

このように、とても便利なリボ払いですがデメリットもないわけではありません。しっかりとメリットとデメリットの両方を頭に入れた上で利用するようにしましょう。