就職後いつからお金を借りることが可能になる?すぐでもOK?

社会人になったら、いつでも自由にキャッシングやカードローンを利用することができる!そう考えている方も多いでしょう。
もちろん、継続・安定した収入がある方であれば基本的には問題なくキャッシングを利用することができます。しかし、審査の基準の一つとして「勤続年数」も重要なポイントとなります。

 

では、就職した直後の方の場合、キャッシングを利用することができるのでしょうか?チェックしてみましょう。

 

就職後、いつからお金借りることができる?

申し込みそのものは就職した直後であっても可能です。ですが、やはり勤続年数が少ない場合は審査でかなり不利になってしまいます。
もちろん、金融機関で明確に勤続年数と審査の関係について公表しているわけではありませんし、金融機関やサービスによっても異なってきます。

 

ですが、一般的にも最低でも勤続年数が1年は経過していないと審査でかなり不利になってしまう傾向にあるようです。逆に審査において有利になるのは勤続年数3?5年以上が一つの基準です。

 

ただ、近年では以前のように終身雇用制度が一般的なものではなくなっています。むしろ、ステップアップのために積極的に転職するという方も多くなっています。その影響から勤続年数でそれほど不利になってしまうことはない、という金融機関も多くなってきています。それでもやはり、キャッシングなどの申し込みをするのは最低でも就職してから1年以上が経過するのを待つのが無難でしょう。